日本から持ってくるべきだったもの



早いもので台湾に来て2ヶ月半が経ちました。

初めての海外生活を送る毎日ですが、日本からこれ持って来ればよかったなあ、というものをピックアップしていきたいと思います。

 

 

衣類

服や下着など持ってくるのは当たり前ですよね。私の場合、もっと持って来ればよかったなと反省。

男性はあまり気をつける必要はないかな?と思うのですがおしゃれが好きな女性は要注意!夜市や三越、そごうなど現地で買うことは十分可能なのですが、可愛いのがない!!!

そして夜市で売っている服はどれも同じような感じ(ヒラヒラ?)で学校で必ず誰かとカブる可能性大です。そう、とにかくどれも同じような服ばかりでバリエーションがないんです。人と一緒が絶対いや!な人は本当に日本で買ってくることをオススメします。

 

休みのたびに梅田や心斎橋、そしてイオンモールやららぽーとにお買い物に行けたのが今となっては良い思い出です・・・。台湾にいると日本の品揃えのすごさに改めて気付かされます。

 

害虫対策グッズ

台湾は日本よりも夏日が長いので当たり前ですが蚊やゴキブリの出現率が遥かに高いです。もちろんそういった害虫対策グッズは台湾でも購入できますが、やはりこちらも私個人的には日本のほうが優れていると思います。

蚊対策で私が超超超愛用しているのがこちら

スプレータイプで1プッシュするだけで24時間効果があります。

私はこれを1本しか持ってこなかった為、もったいないので蚊がいるな、と気づいてからお部屋にシュッとするのですが、まじで効きます。

そしてその後もしばらく蚊は進入してきません。匂いもまったくないのでスプレー後もこれでいいのかな?って感じですが、これは本当に優れていると思います。

台湾にも蚊取り線香やコンセントに挿して使うベープマットのようなものが販売されています。そして同じようなスプレータイプのものが一つだけ販売されていましたが1プッシュで24時間、そして200日可能とここまでコスパ最高の商品はありませんでした。

 

 

そして何より1番出現されると困るのがゴキブリですね。

台湾に来て住み始めたお家に日本から持参したブラックキャップを各所に置いているおかげ?かは分かりませんが、今のところまだ一度も遭遇しておりません。

約6ヶ月効き目があるということなので、一年間滞在予定の私にはどうしてももう一箱必要なのです。泣

同じく台湾にも同様のゴキブリグッズは沢山ありますが、こんなに小さくて見た目もゴキブリ対策!っぽくない可愛い容姿をしたものはありません。私はゴキブリが嫌いすぎてゴキブリ対策のモノを見るのもゾクゾクするのですが、これはまだ見れるのです。(どういう意味や)

 

とにかく、アースさん、素晴らし商品を開発してくれてありがとう!台湾生活には本当に欠かせません。

日本の食品や調味料

カルフールや三越に行けば少し割り高ですが、日本の調味料はだいたい手に入ります。

しかし、今のところ見つからないものがチューブのすりおろしてあるしょうが!お料理をするとき、何かとにんにく、しょうがって使いますよね。チューブのにんにくはだいたいどのスーパーにもあるのですがしょうがはないんです・・・。なんで?

一人暮らしでよく自炊をする私にとって、あのチューブがどれだけ便利か。そして台湾のスーパーで売っている生のにんにくやしょうがは大概一袋にそんなに要らないよってぐらいの量が入っていて困るんです。

そして地味に恋しい梅干しや塩こんぶ。ごはんのオトモですね。

納豆はスーパーでよく売られているのですが、なぜかどこにいっても冷凍で販売されています。

それからそれから、シャウエッセン!!!

台湾のソーセージは甘いのです。私はどうも好きになれません・・。もちろん甘くないソーセージもあるのですが、あのシャウエッセン様を超える味には未だ出会っていません。

毎日当たり前にシャウエッセンを食べていたあの頃が本当に幸せでした。

 

荷物に余裕があるのなら、日本の調味料を持参することを是非、オススメします。

 

まとめ

どれも台湾のあるものでまかなえばどうってことないものばかりです。が、台湾に住んで初めて気づいた日本の良いところ、そして慣れ浸しんだ味は恋しいものですね。

以上、私の思う、日本からもってくるべきだったものでした。

 

 

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した28歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。日本にいるときのお仕事はスポーツショップの販売員でボールを蹴ることが趣味でした。現在、台中逢甲大学に語学留学中。