台湾の好きなところ。



私が思う、台湾の好きなところを書きためてみました。台湾を知らない人はもちろん、台湾を知っている人も、うんうん、そうそうと共感して頂けるかな?と思います。

 

台湾の好きなところ

朝ごはんがおいしい

こちらは鹹豆漿(シエントウジャン)という豆乳を半分固まらせ、ラー油と揚げパンが入っているもの。

こちらは蛋餅(ダンピン)です。クレープ生地に卵やネギが入ってます。

 

台湾には少し路地を歩けば朝ごはん屋さんが沢山あって、100円ぐらいで手軽に食べられるのです。そしておいしい!台湾グルメで朝ごはんが一番好き。お店特製の豆乳も必ずと言っていいほどあって、また日本と少し違う味で、おいしいんだな、これが。

 

毎日色んな場所で、色んな夜市がある

とにかく台湾は屋台天国。外食文化でお家で作る方が高くなっちゃうのです。夫婦共働きが当たり前、だそうで朝、昼、晩、外食も当たり前。そのため、台湾の一人暮らしのお部屋には基本、キッチンがありません。

毎日お祭りのようなあの雰囲気、夜市に行くだけでテンション上がります。写真は台北の士林市場です。

 

ゆるい

 

台湾の飲食店には時々こうやってペットたちがぐだーっと寝ていたりします。日本ならあり得ないですよね。でも誰も何も言わない。その他にもみなさん外面を全く気にしていない。あれはこーじゃないと、あーじゃないと、みたいな型がなく超フリースタイルなのです。

時々自由すぎてなんじゃこりゃと思うときもありますが、これはまさしく日本にはない、台湾のいいところ。

 

ジューススタンドが沢山ある

 

 

暑い暑い台湾ならではだと思うのですが、ジュース屋さんがあちこちにあります。みなさんご存じタピオカドリンクも台湾発祥?だったよね。

 

日本のコンビニに売っているタピオカドリンクをイメージしてこれを飲むとモチモチ、キューキュー感にまじで感動します。そしてこれ以外にもほんとにほんとに種類が沢山あって、留学中に色々チャレンジしてみたいと思っております。

 

交通費が安い

桃園空港から台中までバスだと約800円。距離で約140km。新幹線だと約2000円。

タクシー初乗り運賃約250円。250m毎に約20円加算されます。

さらに悠々カードというカードを作れば台中市内は8kmまでバスが無料!このカードはコンビニで簡単に購入できます。

台北市内なら便利なMRT(地下鉄)と最近ではUberもありますね。Uberは一般のタクシーより安い配車サービスです。日本では今のところ東京だけかな・・・?

とまあ、交通費がほんとに安い。台中市内のバスが無料というのも、私が台中に留学を決めた理由のひとつでもあります。

 

台湾華語を話す女の人が可愛い

台湾は中国語を公用語としているのですが、中国で話される中国語と台湾で話される中国語は少し違いがあり、そして台湾の女の人が話す言葉の語尾が台湾っぽくてかわいい。

これは台湾ドラマを見まくっているおかげ?かもしれませんが、なんとなく、あ、この人中国人だ!あ、この人台湾人だ!と中国語の話し方で分かるようになってきました。

日本でも使うような、~よ、とか、~ね、とか、台湾でもあるんです。男の人はあまり使わないみたいですが。

 

日本人に対して非常にウェルカム

屋台で食べ物を買うときや、タクシーに乗った時など、いろんなところで私が日本人だと知ると、『おー君日本人か!』みたいな感じで打ち解けちゃいます。

え、さっきまでめっちゃ怖い顔してたやん、っていうタクシーのおっちゃん私が日本人だと知ると、持っている日本人ネタの引き出しを全力で出してきます。日本にいったことがある、日本人の友達がいる、愛ちゃん結婚したよね・・・etc

全然知らない人と写真を撮ることもよくあります。

もちろん様々な人がいるのでそーでない場面も沢山あると思いますが、だいたいの台湾人が日本人に対して寛容です。

 

 

まとめ

良いところ、というのは悪いところといつも表裏一体です。時と場合により、長所にも短所にもなります。

ですが台湾には台湾にしかない、日本には日本にしかないところというのが沢山あり、その差が海外を楽しむ醍醐味でもありますよね。

これからもその差、ギャップをこのブログで伝えていけたら、と思います。

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した27歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。お仕事はサッカーショップの店員さんです。ボールを蹴ることが趣味でした。