2月のまるまる一ヵ月間、日本に帰国していました。



2月のまるまる一ヵ月間、日本に帰国していました。

今回の一時帰国の主な目的はこちらです。

  • キッズリーダー取得(サッカーコーチライセンス)
  • ワーキングホリデービザの取得
  • 買い物
  • 日本が恋しい

 

サッカー指導ライセンスの取得

台湾でサッカースクールのコーチをやらせて頂いておりますが、現在ライセンスも何も持っていません。

これからのことを考えるとやはり免許があるなしではやれる幅も変わってくると思いますので、一から勉強して取得していこうと決めました。

そして今回そのサッカーコーチのライセンスの一番入り口であるキッズリーダー講習会が2月の頭に大阪で開催ということでそこに合わせ帰国したわけでございます。

もちろん台湾にもアジアサッカー協会が開催する勉強会があるのですが、オール中国語・・・ということで今後取得に2か月もかかるC級ライセンスをどこで取得するか、考え中。

 

ワーキングホリデービザの取得

台湾一年目は語学学校に通っていましたので学生ビザを、二年目はワーキングホリデービザを申請し台湾にいることに決めました。

今回思ったことは台湾に来た一年目を学生ビザにしておいてよかった、ということ。

私のように台湾留学に来てもう一年残りたい、でも学校には行かない、就労ビザもないって方はワーホリビザでという方法があります。最初の一年目にワーホリビザで来てしまうと次の一年が少し考えづらくなるかな。

で、以前と同じくナカジマチカさんのブログを参考にワーキングホリデービザの申請を大阪でしてきました。

台湾のワーホリビザ申請方法。申請に必要なものや取得までの流れを紹介 | ナカジマチカ
ども、少し前に1年間の台湾語学留学から帰ってきて、今度はワーホリビザを利用して台湾に長期滞在しようとしているナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾のワーホリ...

 

前回初めてだった語学査証の停留ビザ申請に比べるとびっくりするぐらい簡単。

ワーキングホリデー査証申請用紙と銀行の残高証明、パスポート、証明写真、保険加入の証明書、以上!残高証明は台湾の銀行のものを提出しましたが何の問題もありませんでした。

航空券の予約表も何も見せずにこの日に台湾に行きまーす、と日にちを記入しただけ。一番悩んだのは保険!

金額を安く抑えるためにけがのみの保険が5万円以下でありそちらも考えましたが、この一年間意外と病院行ったなーと思い返し、やはり何が起こるかわかりませんのでこちらの保険に加入しました。

【公式】海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》
海外旅行保険「t@bihoたびほ」は方面・年齢により保険料が異なるインターネット専用の海外旅行保険・留学保険。当日加入、家族・グループ契約もOK!保険料割引率は72%OF...

 

tabihoたびほのワーホリ用保険です。病気などの通院や入院費ももちろん保険の範囲内です。全部で14万ぐらいでした。まあ保険なんでそれぐらいしょうがないよね。ムダ金かもしれませんが、あるのとないのでは大違いです。

 

買い物

毎日ほぼサッカーコーチ+幼稚園なので私服を着る機会が少ないのですが、ジャージにしろ何にしろとにかく服がほしい!!日本で買い物がしたい熱もそろそろ限界でしたので、今回の帰国もめちゃめちゃ買い物ができて本当に満足です。

物欲のない人が本当に羨ましい・・・

しかし毎回日本のコンビニやスーパーにはマジで感動します。

 

日本にいると、本当にお金使っちゃうし感覚がくるってしまう・・・。

なんせ買い物が楽しい楽しい。この楽しさはどうしても台湾では味わえません。

 

日本が恋しい

今回の一時帰国は一ヵ月ということで時間も沢山あるので、以前の勤務先でアルバイトもさせて頂きました!

人と話すことってこんなに楽しいことなんだ・・・と改めて実感。台湾ではアウェーで中国語では流暢にしゃべることができません。ノリツッコミもまだできません。

しかし・・・!大阪では毎日嫌というほどノリツッコミができる!全員が絶え間なくボケてくる!

人と関わり、気を遣わずに話をすることが大好きな私にとってもとっても貴重な時間でした。

 

そして台湾に戻って一週間経過、インフルエンザにかかりました。

楽しい楽しい一ヵ月間もあっという間に終わり、台湾に戻り幼稚園でまた働き始め、週末のサッカースクールの活動にも参加し、日曜日の夜。

少し風邪っぽいので早く寝ようとベッドに入ったのですが、そこから急激に熱が上がり39度。

死にそうになりながら、入りたての保険どうやって使うんだ・・・と思いながらタビホの海外専用のフリーダイヤルに電話をし、近所の大きな救急病院にタクシーで行ってきました。

日曜日の夜だから?かは分かりませんでしたが患者が多く、まさかの待ち時間は2時間。

待っている間に三途の川を何度も行き来しました。そして問診を受けて、鼻に棒を突っ込まれ、謎の注射をしてもらい、待つことさらに30分。

診断はインフルエンザ。

ちなみにインフルエンザの中国語は流感(リョウガン)です。流行性感冒の略みたい。

インフルエンザは台湾でも大流行しており、ピークは12月、1月ぐらいみたいです。

 

とにかくワーホリ申請で悩みに悩んだ保険をまさかこんなに早いタイミングで使うなんて。笑

今回はキャッシュレス対応の病院ではなく救急病院に駆け込みましたので、後日診断書と領収書、そして行き帰りのタクシーの領収書をもらい、帰国後に申請すると全額返ってくるそうです。

金額は全部で3000元ぐらいでした。日本円で約1万ちょっと。

あーよかったよかった。

 

まとめ

 

最近まで結婚するのは何人でもいいかな(できるかはさておき)と思っていましたが、やっぱり!私は日本人がいいです。

おしゃべりできるってなんて素敵なことなんでしょう。

そしてワーホリビザで保険に悩んでいるみなさん。確かにひょいと払える金額ではありませんし、できれば安く抑えたいですよね。でもそれが保険です!

保険は大事です。以上!



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した28歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。日本にいるときのお仕事はスポーツショップの販売員でボールを蹴ることが趣味でした。現在、台中逢甲大学に語学留学中。