関空発ピーチMM023便で台湾へ行き、MM028便に乗って帰国するいつものプラン



私は大阪在住の為、台湾に行くときはいつも関西空港からピーチに乗って行き、帰りもピーチに乗って帰ってくるコースです。今回はその鉄板コースをご紹介。

f:id:kacchataiwan:20161114203306p:plain

 

週末台湾なら絶対オススメLCC

 

LCCとはローコストキャリアの略で、関西空港からは台湾桃園空港までは計5社のLCCが就航しております。そしてLCCの良いところは機内持ち込み可能サイズの荷物だけなら往復2万円ほどで簡単に旅行できちゃうのです。さらにセール期間中の格安チケットをゲットできれば往復1万を切ることも・・・!?

とにかくコストを抑えて、バックパック一つの2泊3日ぐらいの旅行をお考えの方はぜひオススメ。

 

関西空港ではピーチのみ第2ターミナル

 

国際線なので50分前にはチェックインを済ませなければいけません。ですが電車で関西空港へ向かう場合、ピーチのみ第2ターミナルですので駅に到着したら無料シャトルバスに乗りかえる必要があります。最低でも1時間30分ぐらい前には駅に着くようにしましょう。

 

行きは7時50分発のMM023便

 

だいたい行きはいつも定刻通りの時間に出発することが多く、台湾には現地時刻の10時5分に到着です。台湾と日本の時差は1時間。私の大好きな台湾の朝ごはんもまだ食べられる時間です。

f:id:kacchataiwan:20161114205629p:plain

 

帰りは現地時刻の18時55分発のMM028便

 

たくさん遊んで、空港には現地時刻の17時ぐらいには着くようにいつも向かい、チェックインを済ませ、あとは飛行機を待つだけ。なのですが今まで5回中1回しか時間どおりに出発したことがありません。そこはLCCならでは、ですかね。あしからず。空港まで向かうバスで渋滞し、到着にかなり時間がかかってしまい焦ることがよくありますが、だいたいいつも遅延なので遅れても案外イケます。ですがここは海外、何が起こるか分かりませんのでアテにせず余裕を持って行動しましょう。

予定では日本時間の22時30分に到着です。

 

空港から電車に乗って帰宅

 

定刻通りに飛行機が飛べば、電車は問題ないのですが、遅れて出発した場合、終電に乗り遅れてしまう可能性がありますよね。お迎えがあれば何の問題もないのですが、関西空港第2ターミナルから大阪駅行きのバスが片道1550円で出ています。深夜1時45分の最終バスに乗れば深夜3時07分に大阪駅着です。そこからは、がんばって帰ってください。

 

まとめ

 

この便に乗れば、弾丸日帰りツアーだったとしても約9時間は滞在できるのではないでしょうか。個人的には2泊3日ぐらいが荷物もかさばらず、ゆっくりでき、一番オススメです。え?シートがせまい?こんなに安いのです、我慢しましょう。行きも帰りもまわりは本当に台湾人だらけ。ですので帰国ぎりぎりまで台湾気分を味わえます。そして関空での入国審査の際、長蛇の列をなす外国人の横を何食わぬ顔で並ばずに通ることができるあの瞬間、ちょっと快感です。

ぜひ、味わってみてください。



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した27歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。お仕事はサッカーショップの店員さんです。ボールを蹴ることが趣味でした。