逢甲大学に通い7ヵ月が経過、中国語はしゃべれているのか?



 

2017年3月からスタートした台湾語学留学ですが、現在逢甲大学に通い3学期目、レベル4のクラスに在籍しております。語学留学前に心配だった、授業についていけるのか?という問題についてです。

 

率直に、今中国語しゃべれるの?

台湾に来て7ヵ月が経過。机に向かう勉強は大嫌いなので、日本にいる間は台湾ドラマにハマるという一番楽な学習法を一年ほどしていた訳ですが、正直その勉強法が今になってかなり生きているのでは?と実感しております。

学校の勉強は苦手です。なので先生に当てられても教科書通りの回答はできないことが多々あります。

ですがルームメイトとおしゃべりしたり、サッカーを教えてる台湾人の子供たちとおしゃべりしたり、授業以外での会話は最近になって少し自分でも自信がついてきました。

もちろん知らない単語が出てくると、ん?ですが以前はその知らない単語を言われていることすら聞き取れませんでした。今はそれなに?どういう意味?と聞き返せるようになり、少し進歩です。

学校の先生はかなり分かりやすく丁寧に話してくれるので、やはり語学習得の近道は学校以外で中国語を話す環境にいるかどうか、がかなり重要です。

日本人の日本語の話し方が人によって違うように台湾人でも人により話し方が様々です。日常のサイクルで接触をする人とは会話ができても、初対面の人の会話が聞き取れなかったりもします。

後、私は個人的に男性の話す中国語の方が聞き取りずらいです。

とまあ、ここまで分かれば後は単純にこの機会を増やせば増やすほど習得に繋がると思うのですが、この中国語環境を作ることが案外難しかったりする訳です。

日本人と日本語で話せることは楽なので、どうしても日本人が周りにいると逃げちゃいますよね。そして学校にいる同じ授業を受ける友達はみんな台湾以外の国からきた外国人ですから、外国人同士で中国語を使って会話をするのが結構疲れちゃったりするときもあります。

まあ、焦らず、ゆっくりと、しんどいときは無理せず、何事もバランスですね。

 

学校のテストをご紹介。

現在レベル4のクラスに通っているのですが、週に一度あるテストが返ってきましたので、ご紹介いたします。

だいたい最初の方はピンインを中国語にしなさいとか、習った単語の意味が分かっているかどうかとか、文章の中に入れてもおかしくない単語はどれか、みたいな感じですかね。

90点とかすごくないですか?でもみんなだいたい私より高得点です・・・

ま、テストの点なんて社会で関係ないよね。(学生のとき、いつもこうやって開き直ってました。)

次は文法ですね。習った言い回しを使って文章を作りなさい、って感じです。

四の1問目は、教科書持ってきてなくても大丈夫~黒板見てればいいから~!って答えを書いています。

2問目は、私にとってサッカーはほんとにおもしろい、楽しいみたいな?ちなみにサッカーは中国語で足球(ズウチョウ)です。

最後はいつも質問に対する答えを自分なりの意見を交えて中国語で回答します。

4問目の問題は台湾の学校の宿舎は男と女が別れてるけど、あなたの国は?それをどう思う?というような質問です。

私の回答

私の国も一緒だよ~私は別れている方がいいと思うな~だって、もし同じ学校で付き合ってたらずっと一緒にいるより別れてる時間がある方が好きになるじゃん~逢えない時間が愛を育てるのさ~

とまあ、だいぶ意訳してますが、そんなことを中国語で書かせて頂きました。書きながらひとり笑ってました。はい。

 

 

以上、台湾にきて7ヵ月が経過した、現在の語学の進捗でした。これから台湾留学を考える方の参考になればと思います。



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した28歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。日本にいるときのお仕事はスポーツショップの販売員でボールを蹴ることが趣味でした。現在、台中逢甲大学に語学留学中。