台湾人の生理に対する考え方



こんにちは!

最近は台湾人と日本人の考え方の違いで主に教育に対することばかりモンモンと考えていたのですが、今回は女性の生理についてです。

 

生理だから!ガンガン言う台湾人

台湾に来てまず驚いたことのひとつが友達で出かけたり、ごはんを食べに行ったとき男性がいようが関係なく「今日私生理だからお酒は飲めないよー」とか、カップルの場合は「今日彼女生理だから冷たいものは食べちゃダメだよー」とか彼氏が普通に言ってきたりとか。

日本人の私からしたらええーーー!!!ですよね。

そうなんです。みんな堂々と言うのです。日本ではなぜか生理=隠すもの、恥ずかしいものみたいな感じでコンビニでナプキンを買えば何も言わなくても見えない紙袋に入れられますよね。

台湾ではコンビニもスーパーでもどこでも袋はお金がかかるので当たり前ですがそんな見えない紙袋に入れてくれるとかそういったサービス?はありません。

みんな買った商品を袋に入れずそのまま手で持って堂々と歩いてます。

まあ、ここまで来ればなぜ隠すの?って感じですよね。日本のほうがおかしいのかな?

一緒に住んでる台湾人にごはん行こーって誘っても「今日生理だからー」って普通に断られることもしばしば。

 

生理=鎮痛剤の日本人

生理の何が嫌って生理痛や体のだるさやむくみ、倦怠感ですよね。私はそこまでうわーっとはならないのですが生理痛だけは一日目、二日目あたりはさすがにきついです。

で生理だからと言って普段の生活を制限するようなことも昔から一切なく、鎮痛剤を飲んでいつも通り仕事にも行きますしガンガンサッカーもします。朝昼晩、薬を飲めば痛みはなんとかなります。

で何度か外出中、薬を忘れて、薬局にも行けない、痛い・・・しんどい、みたいな時がありまして、苦し紛れに周りにいる女性陣に鎮痛剤を持っていないか聞く訳ですが日本なら意外と持っている女性も多く助けてもらえます。

が、台湾人女性は100%持ってません!!!

そして「それおかしいよー!?」と生理痛が薬を飲まなきゃいけないほどひどいこと&毎回薬を飲んでいることのWでびっくりされる訳です。

病院に行った方がいい、食べ物や飲み物を見直した方がいい、ととにかくひどいときには説教が始まります。

 

とにかく徹底して労わる台湾人

台湾人の中にももちろん生理痛がひどい人もいると思いますが、みんな生理期間中は薬を飲まずに過ごしているそうです。

私からすればうそやろー!!って感じなのですが、そもそも生理痛自体がそんなにひどくならないとか。

なんで!?!?ですよね。

それには生理前、生理中の徹底した体の中からのケアをしていることが分かりました。

まず私のルームメイトの女性二人が毎月徹底してやってることは生理一週間前からは冷たいものまたは体を冷やすものは一切摂らないこと。

飲み物は必ず常温で、氷は絶対NG!サラダも刺身も果物も、とにかく体を冷やす食べ物はすべてNG!そしてお酒、コーヒー、緑茶や野菜ジュースもNGです。

生理前から生理中はこれを忠実に守ってとにかく子宮を冷やさないように労わるのです。そして生理が終わりに近づいてくるころには謎の漢方を煮出したスープ?を飲んで血を養ってあげるそうです。

そうすることで生理痛が一切なくなり、また生理期特有の倦怠感もかなり緩和されるとか。カオリもやってみな!全然違うから!と毎回言われますが・・・

今日も生理一日目、サッカースクールが終わって帰宅後、キンキンに冷えたビールを飲みながらこの記事を書いています。支離滅裂ですね、てへ。

 

まとめ

毎回生理の度に台湾人に言われたことをやってみようかな・・・とは思うものの、色々付き合いもあるので飲みに誘われれば行きますし、自分が気づかないうちにガンガン体を冷やすものを食べてしまっています。

次こそは、やってみようかな。

 

教育に関して台湾人に対してはあまり良いイメージがどうしても持てませんが、この生理に対しての考え方は非常に勉強になりますし、女性としては体をいたわるこの台湾式の方が絶対にいいと思います。

次回、冷やさないキャンペーンをしてみての感想も記事に書きたいと思います。

 

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した28歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。日本にいるときのお仕事はスポーツショップの販売員でボールを蹴ることが趣味でした。現在、台中逢甲大学に語学留学中。