台湾でなんとかなる、5つの必須フレーズ



私が台湾滞在中、フル活用するワードが5つあります。そのどこでも使える超便利ワード5つを覚えて台湾旅行を楽しみましょう。

f:id:kacchataiwan:20161114164727p:plain

 

 你好(ニーハオ) 謝謝你(シェシェニィ)

みなさんご存知の通り挨拶ですね。你好(こんにちは)はすべての場面で使えます。ちなみにおはようは早安(ザオアン)こんばんはやおやすみは晩安(ワンアン)です。謝謝你(シェシェニィ)はありがとうです。

我要這個(ウォヤオジェゴ)

メニューやモノを指して我要這個と言えば、私はこれが欲しいです、これくださいという意味になります。何かオススメや聞かれて要らない場合は不要(ブーヤオ)でいらないですという意味になります。

 

我想去◯◯(ウォシャンチィ◯◯)

◯◯には地名を入れて使うと、私は~へ行きたいですという意味になります。バスや新幹線のチケットを購入するときや、タクシーで行き先を伝えるとき、道を聞くときに使えます。

 

多少銭?(ドウシャオチエン)

いくらですか?と値段を聞くときの必須フレーズです。頭に這個(ジェゴ)をつければこれいくらですか?という意味になります。

 

好(ハオ)、好的(ハオダ)

はい、とか、わかりましたという意味になります。何か質問をして理解したときなど、好、謝謝、ハオ、シェシェと言えば完璧です。

 

 

まとめ

正直、滞在中この5つしか使っていません。そしてこの5つのフレーズを1日何回言うんだっていうぐらい使っています。言った後に何か聞き返されてわからなければ、ん?みたいな顔をしておいてください。そこで話が終わるか、お前日本人か?みたいな感じでさらに何かしゃべりかけられるかのどちらかです。台湾の人は優しいので、知っている日本語をしゃべりかけてくれる人もなかにはいるはずです。

そんなときこそ、海外の楽しさを味わえますよね。



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した27歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。お仕事はサッカーショップの店員さんです。ボールを蹴ることが趣味でした。