人との出会いで気づくこと



台湾に来て約半年が経つ今日この頃、人との出会いで思うことがあります。

 

 

現在、台中で語学学校に通う傍ら、サッカースクールのコーチをさせてもらってます。

メインは日本人学校の子供たちですが日本人もいれば台湾人もいる。台湾と日本のハーフ、台湾とまたどこか違う国のハーフと偏に小学生とは言え、多種多様な子供たちとサッカーをしています。

 

サッカーと子供が好きな私は、台湾留学前に思い描いていた夢がありました

中国語を学んで、台湾の子供たちとサッカーがしたい。台湾の教育現場に少しでも携われる仕事がしたい。

 

あれ、実現してる・・・

と気づいたときにゾクッとしました。

 

そもそもこの夢が実現した経緯を考えてみると、語学学校に同時期に入学した日本人の女性とオリエンテーションのときに話をする機会があり、ひょんなことから「サッカーができる場所、ないですかねえ?」と聞いてみると、「え!私の旦那、台中でサッカースクールやってるよ!」と。そこからみんなでゴハンに行くことになり、あっという間に現在に至るわけです。

 

人との出会いってすごいですよね。

考えてみたら、今出会って仲良くしてもらっている人、日常で顔を合わす人すべてが今年出会ったばかりの人であるということに気づいたとき、本当にゾクゾクしてきます。

 

私は比較的活発な性格で、人とおしゃべりすることが大好きです。

もちろん常にしゃべり続けることが好きなのではなく、一人の静かな時間も大好きで、そのあたりのオンオフは重要です。

色んな人に出会って、色んな人と色んなおしゃべりをして、その人がこれまで経験してきたことをもとに大切に思っていることや譲れないこと、つまり価値観ですね。

人との会話でその人が持っている価値観を感じることができ、あれ?こういうとき自分だったらどうするだろう、と想像してみたりして。ふと自分の価値観にも気づく訳です。

今まで漠然とあれは嫌やな~とか思っていたモノが、お!これが自分の価値観か!と気づくのです。

 

 

台湾に来て半年、日本にいた時よりもびっくりするぐらいのスピードで毎日知らない人と出会って話をして、自分の価値観に気づいたりして。

人生って必要なときに必要なタイミングで神様が何かを与えてくれているのかなあと思うと、人と出会うことって本当にワクワクしますよね。

 

以上、最近よく思うことでした。



ABOUTこの記事をかいた人

社会人7年目、仕事を辞めて台湾留学に行くことを決意した28歳女子。タフさ明るさNo1の思い立ったら即行動人間。日本にいるときのお仕事はスポーツショップの販売員でボールを蹴ることが趣味でした。現在、台中逢甲大学に語学留学中。